航空科学博物館

航空科学博物館とは

航空科学博物館は、展示物の見学はもちろんのこと、触れたり体験したりして飛行機の仕組みや歴史を学ぶことができる。博物館は、成田空港の滑走路南端にあるため、各国の航空会社の色とりどりの機体が離発着する様子を間近に見ることが出来る。

 

多くの来客者を魅了するのは、何と言っても展示室にある実機の1/8スケールの「ジャンボジェット(ボーイング747-400)」の模型ではないだろうか?

 

日本航空が実際に使っていた訓練用コックピットに座って、大型模型を操縦することが出来る。子供たちを一瞬で虜にしてしまう。この模型は、可動模型では、世界最大という。また、「DC−8」のシュミレーターの操縦桿を握れば、自分の好きなコースを選べて、パイロットになりきることが出来る。

 

博物館に展示してある車輪やエンジン、機体断面や客先設備は全て航空会社から入手したもので、航空ファンにはたまらないもの。屋外展示場所にある日本製のYS−11や新聞社で活躍したセスナ、ヘリコプターなど10機以上の航空機は、機内に乗り込むことが出来る。

 

また、プロペラが回る飛行機やヘリコプターに搭乗できる有料体験装置というものもある。日本で最初の航空科学博物館として1989年(平成元年)8月1日に開館。

 

 

 

△もっと知りたい博物館・展示会トップページへ戻る

航空科学博物館の展示品

航空科学博物館には、以下のものが展示されている。

 

■1F中央棟
1910年に徳川氏が日本初の公開飛行を行った飛行機の実物大復元模型の「アンリファルマン複葉機」や「ピストンエンジンコーナー」にR-3350・ハ-50等が展示。
また、ミュージアム・ショップには、航空関係の品物を多数取り揃えている。ゲームコーナーには、ジェット旅客機などを操縦できるゲーム機がある。

 

■1F西棟
ジャンボのジェットエンジンの仕組みが理解出来る「ボーイング747のエンジン」が展示されている。
さらに、1個でも20トン以上の重さにも耐えられる747のタイヤや、パイロット気分が味わえるコックピットで実際の計器類を見ながらの操縦が可能です。
他にも、「DC−8」旅客機の前脚や、旅客機の胴体比較ができます。

 

航空科学博物館
住所 千葉県芝山町岩山
TEL 0479-78-0557
・入館料
大人 500円、中高生 300円、こども 200円
・開館時間
 午前10時から午後5時(入館4時30分まで)
・休館日
 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
 年末12月29日から31日
 1月・5月・8月は毎日開館いたします。
※駐車場 無料300台

 

 

 

△もっと知りたい博物館・展示会トップページへ戻る

航空科学博物館へのアクセス

■自家用自動車の場合
・東京方面から
 首都高速道路,湾岸道路から成田空港を目標に、東関東自動車道路成田IC(案内図配布中)を左側一般道路出口に降り、右側「芝山町、多古」方面に向かい、その後空港通過道路を直進し、国道296号線手前看板で右折。

 

・千葉、東金方面から
 千葉東金道路から松尾横芝ICで降り成田空港方面に向かい、芝山はにわ道で国道296号線を越え看板で左折。

 

・成田山、佐原方面から
 国道51号線から成田空港方面に向かい、寺台の立体交差点を空港方面へ国道295号線を走り、その後空港通過道路直進し、国道296号線手前看板で右折。

 

■電車の場合
 JR東日本総武線、成田線 成田空港駅又は空港第2ビル駅下車
 京成電鉄本線 成田空港駅又は空港第2ビル駅下車

 

■路線バス 
 「AMB南三里塚行き」航空科学博物館バス停(本館前)下車 (乗車時間約15分)
 第1ターミナル30番バス乗り場、第2ターミナル3階2番バス乗り場から乗車

 

東京羽田空港からは、モノレールで東京駅に出てJRに乗り成田空港に行くか、京浜急行から京成電鉄成田空港直通の「エアポート快特」に乗るか、リムジンバスで成田空港へ行き、バスに乗車。

 

 

 

△もっと知りたい博物館・展示会トップページへ戻る